presented by12+1冬将軍号New Car Impression

トヨタのクラス初搭載機能に注目

プロフィール

期待の新星

 昨今、非常に好調な販売実績を上げているのが軽トール系ワゴン。その理由のひとつとして必ずと言ってよいほどポイントにあげられるのが、言わずと知れた両側スライドドアだ。現行モデルのほとんどが電動式を採用しており、ワンタッチで楽々と開閉できて、狭いスペースでも乗り降りは苦もなく、両手にいっぱいの荷物を持っていても、あるいは小さな子供を抱っこしたままでもクルマに乗り込める。一度使ったら便利過ぎて止められなくなる、そんな類いの機能である。両側スライドドアを備えた車種は、これまた好調のミニバン系にも多く見られるが、車両本体価格においては軽トール系にとてつもなく大きなアドバンテージがある。

 ところで、車体サイズにおいてミニバン系と軽自動車の中間を担うクラスに、両側スライドドアを設定している車種を探してみると、実は意外に少ないことに気付く。特に、排気量1000㏄クラスとなると、つい最近まではスズキ・ソリオのほぼ独壇場の様相だった。

 そこをカバーすべく先頃誕生したのが、ダイハツ・トール。そして、そのOEM供給によりトヨタブランドから満を持しての登場を果したのが、TANKとルーミーの兄弟車種である。加えて、今回は同一のOEM供給によりスバルからはジャスティが登場している。

 それらの中から本誌では今回、ネッツトヨタ道都の協力によりTANKにスポットを当てて紹介していく。それぞれ外観上は個性が異なっているが、基本性能は共通しているので、購入検討の際の参考としてほしい。

特徴的なボディサイズ

 TANKのカテゴリーはいわゆるコンパクトカーだが、キャビンがスラリと高い特徴的なフォルムから、トール系コンパクワゴンと表現する向きもある。それは、軽トールワゴンをひと回りかふた回り大きくしたようなイメージを与えるデザイン性に由来しているのだろう。

 全長×全幅×全高は、3700㎜(一部グレードは3715㎜)×1670㎜×1735㎜で、一時はTANKの前身なのではないかと目されていたトヨタbBの3785㎜×1690㎜×1635㎜と比較すると、前後左右ともにコンパクトながら、より高さのある設計となっており、これらの数字からもTANKの特徴が明らかになる。

 高さにこだわった理由は、車内スペースの確保にほかならないだろう。室内高は1355㎜と、小学校低学年程度までの子供なら立ったままで車内を自由に移動できる。室内長は2180㎜で、シートをフルフラットにした際には大人2人が十分に足を伸ばして横になれる。また、リアシートは別々にスライドが可能な6:4分割可倒式を採用。最大240㎜前後に動かすことができるので、積載量や荷物の形状に応じたレイアウトが可能である。また、シートの後ろ側にも操作レバーが取り付けられているため、車外からのスライド操作も楽にできる。

 肝心のスライドドアは、もちろんワンタッチでオープンする。自動的に施錠される予約ロックや、挟み込み防止機能も備え、室内から誤ってドアを開けるのを防ぐチャイルドプロテクターも搭載。さらに、昇降時などに便利な大型アシストグリップは、大人用と子供用の2段構造となっているなど、幼い子供たちの視点を考慮した機能も充実している。

 安全運転支援システムは一部グレードを除いて標準搭載。衝突回避支援ブレーキシステム、車両や歩行者への衝突警報機能、車線逸脱警報機能、誤発進制御抑制機能、先行車発進お知らせ機能が備わっており、女性や高齢者にも優しい。

 そんなTANKのキャッチフレーズは、「1LD-CAR!」。若いファミリー層やたくさんの道具を必要とするレジャーの愛好家たちに、たっぷりと余裕のあるスペースと、痒いところに手の届く機能を提供するクルマというワケであろう。

立体感に富んだデザイン

 フロントデザインはクッキリと切れ長なコンビネーションランプ下で、ノーズとバンパーが変形6角形で交わるグリル回りの形状が印象的。筆者はこのあたり、現行エスティマのフロントマスクを下敷きにしたのではないかとの感想を持ったが、機会があればぜひ見比べてほしい。サイドは、レバー下部のポジションにフロントランプからリアランプへと直線的に連なるラインが描かれ、シャープなイメージを生み出している。リアは、縦長にスッキリとまとまったコンビネーションランプと、その下でバックドア側に切り込むようにプレスされたラインが好対照をなし、立体的なリアビューを実現させている。

トヨタ TANK詳細写真

インプレッション

広々かつ軽快

 試乗車は、E200アバンギャルド・スポーツ。排気量1991㏄のターボチャージー付き直列4気筒DOHCエンジンを搭載するE200アバンギャルドをベースに、前後バンパーや19インチアルミホイール、スポーツステアリングなどにAMGデザインによるものを採用し、ステンレス製ペダルも備えるなど、スポーティーにドレスアップしている。ちなみに、E200にはこのほか4MATICアバンギャルドが配備されている。

 着座すると直ぐに実感するのが、余裕綽々のヘッドクリアランス。両手を上げて伸びをしてみると、結構な高さまで持っていっても指先がガツンと天井にあたることがなく、セダン系などから乗り換える予定のユーザーにとっては、この頭上の開放感は大きな魅力となりそう。先にも触れたように2分割されたリアシートはそれぞれ別々にスライド可能で、膝元にもたっぷりと余裕を持たせられるので、大家族でも十分にくつろげることだろう。さらに、左右スペースの広さは軽トールワゴンにはないもので、子供が成長して軽自動車では手狭になってしまったファミリー層には、まさにうってつけの1台と言える。

 発進は滑らかで、平地での走行は快適そのもの。高さが突出したボディなだけに、強風などの影響によるふらつきを心配する向きもあるだろうが、その点は予想以上に安定していると感じた。ついでに言えば、連続カーブなどで発生しがちなローリングは、ミニバン系との比較においては全く問題ないレベルだ。

 加速時のレスポンスは、大排気量のセダン系などと比べてしまった場合はさすがに物足りなさを感じるだろうが、一般的な軽自動車との比較では、当然とは言え十分な力強さがあり、高速道路での追い越し時も全く問題はない。

 こう配のきつい登り坂でもパワー不足を感じるような場面は非常に少なく、むしろ軽快感に秀でた走りを繰り出す。ユーザーの中にこのクルマで峠を攻めようとする人はまず居ないだろうが、通常のスピードで走行する限りにおいてはタイトなコーナーも軽々とこなせるほどの運動性が備わっており、走りのトータル性能としては及第点を軽々と超える。

 強いて懸念をあげるなら、悪路や冬道での走行性か。今回筆者はその点の検証を十分に行うチャンスには恵まれなかったが、そういった意味ではこれからの季節に試乗を予定しているユーザー自らの検証に委ねたい。もっとも、しっかりと4WDの設定がある上に、ダイハツ、トヨタ共に実績と信頼性はここで語るまでもない。

広がった選択肢

 ダイハツとトヨタの間で成立しているOEM供給には過去に前例が多数有り、1000㏄クラスに的を絞ってもダイハツ・ブーンとトヨタ・パッソの関係性が現在も続行中である。TANKは、両社がこれまで共に培ってきた技術と、共通の思いから生まれたものであることは言うまでもない。何はともあれ、TANKの登場により、ユーザーの選択肢は一層広がった。

ディーラーメッセージ

ネッツトヨタ道都 北26条店
営業スタッフ
牧野 竜二 さん

 このクラスで両側スライドドアを採用したクルマの登場はトヨタでは初のことですので、たくさんの方々にご注目いただいております。シートを倒せば26インチの自転車を立てたままでも2台積めるほどの積載能力がありながら、ボディはコンパクトに設計されていますので、お若いファミリー層の方々を中心に、幅広くお使いいただけます。

主要諸元:

全長×全幅×全高/3,700×1,670×1,735mm
ホイールベース/2,490mm
トレッド/前:1,465mm 後:1,445mm
車両重量/1,405kg
最小回転半径/4.6m
エンジン/996㏄直列3気筒DOHC
最高出力/69ps/6000rpm
最大トルク/9.4kgm/4400rpm
JC08モード燃費/22.0㎞/ℓ
ミッション/CVT
ブレーキ/前/ベンチレーテッドディスク 後/リーディングトレーディング式ドラム
タイヤサイズ/165/65R14
駆動方式/4WD
乗車定員/5名
車両本体価格(札幌地区)/1,967,760円(税込)

テキスト:青柳 健司 (フォトライター)、Photo:川村 勲 (川村写真事務所)、取材協力:ネッツトヨタ道都 北26条店  ℡(011)721-6251

[Carpia CELHOME]詳しくはこちらをクリック!

最近チェックしたクルマ

最近検索した条件
     

このページを印刷する

キーワード検索

検索