スタッドレス 6年ぶり値上げ タイヤ各社、原料高で

2017年 8月31日(木)朝刊

 タイヤ製造大手5社は、乗用車用スタッドレスタイヤの出荷価格を6年ぶりに値上げする。原材料価格の高騰が理由で、値上げ幅は5〜6%。自動車用品販売店チェーンは店頭価格への転嫁を表明しており、道内ドライバーの冬支度に影響が出そうだ。メーカー各社は購買意欲を喚起しようと、新商品のPRに力を入れている。
 ブリヂストンと住友ゴム工業は9月1日から平均6%、横浜ゴムは10月1日から平均5%値上げする。東洋ゴム工業は5月に夏用タイヤと合わせて5・5%、日本ミシュランタイヤは8月に5%値上げ済み。値上げ額は17インチで1本あたり600〜千円となる。
 中国の新車販売台数増などを背景に、天然ゴムの価格は昨年1月の1キロ150円程度から、今年3月には300円へ2倍に上昇した。合成ゴムなど石油化学系原材料も高止まりの状況で、各社は「生産性向上やコスト削減では対応しきれなくなった」と説明している。
 販売店側も店頭などで値上げの告知を始めており、札幌市中央区のオートバックス札幌石山通り店では、駆け込み需要で8月の販売本数が昨年の約1・5倍に伸びたという。
 また、値上げによる客離れを抑える狙いから、4社が新商品を発売する。ブリヂストンは4年ぶりの新商品「ブリザックVRX2」で、氷上の水膜を除去する独自技術を強化。横浜ゴムの新商品「アイスガードシックス」は、未凍結のぬれた路面での機能を高めた。
 東洋ゴム工業はスポーツタイプ多目的車(SUV)やミニバン専用の新商品を発表。日本ミシュランは、摩耗時の性能を向上させた新商品を発売した。住友ゴム工業は、主力ブランド・ダンロップ「ウィンターマックス02」のサイズを増やした。
 いずれも値上げを反映した価格設定で、ブリヂストンの広報担当者は「性能の良さを伝え、売り上げにつなげたい」と話している。

最近の北海道新聞 カーニュース

<いんたびゅー>杉本亙さん 日本自動車販売協会連合会札幌支部長 21日(火)朝刊
 世界的な「EV(電気自動車)シフト」のうねりの中で、日本経済をけん引してきた日本の自動車産業はどこに向かうのか―。来年1月の札幌モーターショーは、その方向性が分かる重要な場となりそうだ。4回目となる…
EVの開発などVW4.5兆円投資 来年から5年間 19日(日)朝刊
 ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は17日、電気自動車(EV)や自動運転車の開発に2018〜22年に340億ユーロ(約4兆5千億円)を超える投資を行う計画を発表した。  15年に発覚した排…
<マイク>自動運転 実現目指す 田辺孝由樹代表取締役 18日(土)朝刊
 パナソニックの子会社で、乗用車の自動運転システムを開発しているパナソニックITS(横浜)は、お年寄りの生活の足となる低中速車の自動運転の実現を目指している。室蘭市出身の田辺孝由樹(たかゆき)代表取…
ホンダとソフトバンク テストコース活用 つながる車 鷹栖で研究 17日(金)朝刊
 ホンダとソフトバンクは15日、ホンダ子会社の本田技術研究所が所有する上川管内鷹栖町のテストコースを使い、インターネットに接続する自動車「コネクテッドカー(つながる車)」の共同研究を進めると発表した…

最近チェックしたクルマ

最近検索した条件