往年の名車 長く愛して 部品供給復活相次ぐ

2017年 9月 6日(水)朝刊

 自動車各社の間で生産を終了した往年の名車を補修したり、部品供給を復活させたりする動きが広がっている。若者を中心に車離れが進む中、愛車を大事にしてくれるファンを大切にしようという取り組みだ。
 ホンダは8月から、90年代に人気を集めた軽自動車のオープンカー「ビート」の部品供給を始めた。1991年から96年まで生産。約3万8千台を販売した。愛好者が集まるイベントなどで部品を求める声が強かったという。ホイールやシートベルトなどから始めており、10月以降は約70部品に順次拡大する予定だ。
 マツダは来年初めから、オープンタイプスポーツカーの初代「ロードスター」を工場で預かって部品交換や補修をし、販売当時に近い状態に復活させるサービスを開始する。日産自動車も、バブル期の89年に登場して名をはせた8代目「スカイライン」の「R32 GT―R」の部品供給を今秋にも始める考えだ。

最近の北海道新聞 カーニュース

車部品 道内調達20%に トヨタ北海道など6社 16年度道調査 22日(金)朝刊
 自動車の変速機やエンジンなどを製造する道内大手6社が、道内の企業から自動車部品を調達した額が2016年度に374億円と過去最高を更新し、全調達額に占める道内の企業の割合(調達率)も20・6%と初め…
トラック「空車」減少へ情報提供 ドコモと運送業界連携 21日(木)朝刊
 NTTドコモや富士運輸(奈良市)など5社は20日、人手不足に悩む運送業界で輸送を効率化するため連携し、トラックが荷物を積まずに走る「空車回送」を減らす新たなサービスを11月に始めると発表した。全国…
高速道 初の大規模改修 道内で着手 老朽化した橋など 21日(木)朝刊
 東日本高速道路(ネクスコ東日本)北海道支社は9月、老朽化した高速道路の初の大規模改修工事に着手した。道内の高速道路700キロのうち、完成後30年以上がたった約2割の区間にある傷みの激しい橋やトンネ…
■タイヤが動く「ロボットカー」 20日(水)朝刊
 トヨタ自動車の研究員が製作した走行中にドライバーがタイヤの位置を変えられる実験用の「ロボットカー」=写真=が、奈良市で開かれた車の走行安全技術に関する国際学会で19日、公開された。  研究員はトヨ…

最近チェックしたクルマ

最近検索した条件