往年の名車 長く愛して 部品供給復活相次ぐ

2017年 9月 6日(水)朝刊

 自動車各社の間で生産を終了した往年の名車を補修したり、部品供給を復活させたりする動きが広がっている。若者を中心に車離れが進む中、愛車を大事にしてくれるファンを大切にしようという取り組みだ。
 ホンダは8月から、90年代に人気を集めた軽自動車のオープンカー「ビート」の部品供給を始めた。1991年から96年まで生産。約3万8千台を販売した。愛好者が集まるイベントなどで部品を求める声が強かったという。ホイールやシートベルトなどから始めており、10月以降は約70部品に順次拡大する予定だ。
 マツダは来年初めから、オープンタイプスポーツカーの初代「ロードスター」を工場で預かって部品交換や補修をし、販売当時に近い状態に復活させるサービスを開始する。日産自動車も、バブル期の89年に登場して名をはせた8代目「スカイライン」の「R32 GT―R」の部品供給を今秋にも始める考えだ。

最近の北海道新聞 カーニュース

<いんたびゅー>杉本亙さん 日本自動車販売協会連合会札幌支部長 21日(火)朝刊
 世界的な「EV(電気自動車)シフト」のうねりの中で、日本経済をけん引してきた日本の自動車産業はどこに向かうのか―。来年1月の札幌モーターショーは、その方向性が分かる重要な場となりそうだ。4回目となる…
EVの開発などVW4.5兆円投資 来年から5年間 19日(日)朝刊
 ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は17日、電気自動車(EV)や自動運転車の開発に2018〜22年に340億ユーロ(約4兆5千億円)を超える投資を行う計画を発表した。  15年に発覚した排…
<マイク>自動運転 実現目指す 田辺孝由樹代表取締役 18日(土)朝刊
 パナソニックの子会社で、乗用車の自動運転システムを開発しているパナソニックITS(横浜)は、お年寄りの生活の足となる低中速車の自動運転の実現を目指している。室蘭市出身の田辺孝由樹(たかゆき)代表取…
ホンダとソフトバンク テストコース活用 つながる車 鷹栖で研究 17日(金)朝刊
 ホンダとソフトバンクは15日、ホンダ子会社の本田技術研究所が所有する上川管内鷹栖町のテストコースを使い、インターネットに接続する自動車「コネクテッドカー(つながる車)」の共同研究を進めると発表した…

最近チェックしたクルマ

最近検索した条件