往年の名車 長く愛して 部品供給復活相次ぐ

2017年 9月 6日(水)朝刊

 自動車各社の間で生産を終了した往年の名車を補修したり、部品供給を復活させたりする動きが広がっている。若者を中心に車離れが進む中、愛車を大事にしてくれるファンを大切にしようという取り組みだ。
 ホンダは8月から、90年代に人気を集めた軽自動車のオープンカー「ビート」の部品供給を始めた。1991年から96年まで生産。約3万8千台を販売した。愛好者が集まるイベントなどで部品を求める声が強かったという。ホイールやシートベルトなどから始めており、10月以降は約70部品に順次拡大する予定だ。
 マツダは来年初めから、オープンタイプスポーツカーの初代「ロードスター」を工場で預かって部品交換や補修をし、販売当時に近い状態に復活させるサービスを開始する。日産自動車も、バブル期の89年に登場して名をはせた8代目「スカイライン」の「R32 GT―R」の部品供給を今秋にも始める考えだ。

最近の北海道新聞 カーニュース

モータースポーツ 独走トヨタ 悲願の頂点 ルマン24時間  18日(月)朝刊
 17日に終了した伝統の自動車耐久レース、第86回ルマン24時間で中嶋一貴らの8号車がトヨタに悲願の初優勝をもたらした。トヨタは2002年から09年まで参戦したF1で未勝利に終わり、トヨタ製エンジン…
モータースポーツ 挑戦20回 トヨタ栄冠 ルマン初制覇 18日(月)夕刊
 17日に行われたフランス伝統の自動車耐久レース、第86回ルマン24時間で初優勝を遂げたトヨタ。日本のチーム、マシンで日本人ドライバーを含む“オール日本”態勢では初めてで、日本メーカーでは1991年の…
モータースポーツ トヨタ初制覇 ルマン24時間 18日(月)朝刊
■ルマン24時間【ルマン(フランス)共同】伝統の自動車耐久レースの決勝は17日、フランス西部のサルテ・サーキット(1周13・626キロ)で行われ、2台で臨んだトヨタはポールポジションからスタートした中…
トヨタ、新スーパーカー開発 レース車ベース 市販へ  17日(日)朝刊
 トヨタ自動車は16日、フランス伝統の自動車耐久レース、ルマン24時間などに参戦しているレース専用車をベースにしたスーパーカーを開発し、市販すると発表した。時期は未定。  レース車を生かした試作車「…

最近チェックしたクルマ

最近検索した条件