ENEOS統一19年度に*モービル、エッソなど幕

2017年 9月 7日(木)朝刊

 JXTGエネルギーは6日、四つある給油所(ガソリンスタンド)のブランドを「ENEOS(エネオス)」に統一すると発表した。10月以降に着手し、2019年度中に完了させる見通し。半世紀にわたり親しまれてきた「エッソ」と「モービル」の看板は幕を下ろすことになる。
 今年4月の旧東燃ゼネラル石油と旧JXエネルギーとの合併に伴い、ブランドが混在しているが、一本化した方が効率化できると判断した。クレジットカードの割引などサービスの統一も検討しており、消費者の利便性を高める。
 エッソとモービルは、旧東燃ゼネラルの親会社だった米エクソンモービルの世界的ブランド。日本では1960年代に登場した。「ゼネラル」と合わせ、合計約3300カ所ある旧東燃系の3ブランドはなくなる。
 旧JXエネルギーが使用してきたENEOSは約1万200カ所。道内にはENEOSが655カ所あるほか、モービルが83カ所、エッソが48カ所、ゼネラルが9カ所(いずれも17年7月末現在)ある。全国の給油所は約3万カ所で、ピークの94年度に比べて半減した。電気自動車(EV)の普及に伴い、ガソリン消費はさらなる減少が見込まれ、各社は経営統合やコスト削減で収益力の強化を急ぐ。

最近の北海道新聞 カーニュース

車部品 道内調達20%に トヨタ北海道など6社 16年度道調査 22日(金)朝刊
 自動車の変速機やエンジンなどを製造する道内大手6社が、道内の企業から自動車部品を調達した額が2016年度に374億円と過去最高を更新し、全調達額に占める道内の企業の割合(調達率)も20・6%と初め…
トラック「空車」減少へ情報提供 ドコモと運送業界連携 21日(木)朝刊
 NTTドコモや富士運輸(奈良市)など5社は20日、人手不足に悩む運送業界で輸送を効率化するため連携し、トラックが荷物を積まずに走る「空車回送」を減らす新たなサービスを11月に始めると発表した。全国…
高速道 初の大規模改修 道内で着手 老朽化した橋など 21日(木)朝刊
 東日本高速道路(ネクスコ東日本)北海道支社は9月、老朽化した高速道路の初の大規模改修工事に着手した。道内の高速道路700キロのうち、完成後30年以上がたった約2割の区間にある傷みの激しい橋やトンネ…
■タイヤが動く「ロボットカー」 20日(水)朝刊
 トヨタ自動車の研究員が製作した走行中にドライバーがタイヤの位置を変えられる実験用の「ロボットカー」=写真=が、奈良市で開かれた車の走行安全技術に関する国際学会で19日、公開された。  研究員はトヨ…

最近チェックしたクルマ

最近検索した条件