ENEOS統一19年度に*モービル、エッソなど幕

2017年 9月 7日(木)朝刊

 JXTGエネルギーは6日、四つある給油所(ガソリンスタンド)のブランドを「ENEOS(エネオス)」に統一すると発表した。10月以降に着手し、2019年度中に完了させる見通し。半世紀にわたり親しまれてきた「エッソ」と「モービル」の看板は幕を下ろすことになる。
 今年4月の旧東燃ゼネラル石油と旧JXエネルギーとの合併に伴い、ブランドが混在しているが、一本化した方が効率化できると判断した。クレジットカードの割引などサービスの統一も検討しており、消費者の利便性を高める。
 エッソとモービルは、旧東燃ゼネラルの親会社だった米エクソンモービルの世界的ブランド。日本では1960年代に登場した。「ゼネラル」と合わせ、合計約3300カ所ある旧東燃系の3ブランドはなくなる。
 旧JXエネルギーが使用してきたENEOSは約1万200カ所。道内にはENEOSが655カ所あるほか、モービルが83カ所、エッソが48カ所、ゼネラルが9カ所(いずれも17年7月末現在)ある。全国の給油所は約3万カ所で、ピークの94年度に比べて半減した。電気自動車(EV)の普及に伴い、ガソリン消費はさらなる減少が見込まれ、各社は経営統合やコスト削減で収益力の強化を急ぐ。

最近の北海道新聞 カーニュース

<いんたびゅー>杉本亙さん 日本自動車販売協会連合会札幌支部長 21日(火)朝刊
 世界的な「EV(電気自動車)シフト」のうねりの中で、日本経済をけん引してきた日本の自動車産業はどこに向かうのか―。来年1月の札幌モーターショーは、その方向性が分かる重要な場となりそうだ。4回目となる…
EVの開発などVW4.5兆円投資 来年から5年間 19日(日)朝刊
 ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は17日、電気自動車(EV)や自動運転車の開発に2018〜22年に340億ユーロ(約4兆5千億円)を超える投資を行う計画を発表した。  15年に発覚した排…
<マイク>自動運転 実現目指す 田辺孝由樹代表取締役 18日(土)朝刊
 パナソニックの子会社で、乗用車の自動運転システムを開発しているパナソニックITS(横浜)は、お年寄りの生活の足となる低中速車の自動運転の実現を目指している。室蘭市出身の田辺孝由樹(たかゆき)代表取…
ホンダとソフトバンク テストコース活用 つながる車 鷹栖で研究 17日(金)朝刊
 ホンダとソフトバンクは15日、ホンダ子会社の本田技術研究所が所有する上川管内鷹栖町のテストコースを使い、インターネットに接続する自動車「コネクテッドカー(つながる車)」の共同研究を進めると発表した…

最近チェックしたクルマ

最近検索した条件