トヨタ・マツダ 米に新工場 アラバマ州 4000人雇用へ

2018年 1月10日(水)夕刊

 トヨタ自動車とマツダが共同で米南部アラバマ州に新工場を建設することが9日、関係者への取材で分かった。新工場は4千人規模の雇用を想定。2021年の稼働を目指す。10日にも正式発表する見込みだという。
 マツダはメキシコに工場があるが、米国は初めて。トヨタは米国で5番目の完成車工場となる。アラバマ州に既にエンジン工場があり、近隣に部品メーカーが集積しているという。
 トヨタとマツダは昨年8月、米国に共同出資会社を設立し、総額16億ドル(約1800億円)前後を投じると発表していた。新工場は年30万台規模の完成車を生産する能力を持つ見通し。トヨタは北米市場向けの乗用車カローラ、マツダは北米市場に新たに導入する車種を生産する見込みだ。
 北米市場を重視するトヨタは昨年1月、5年間で米国内に100億ドル規模を投資すると公表。同年4月には南部にある主力のケンタッキー工場に13億3千万ドルを投じ、生産設備を刷新すると発表した

最近の北海道新聞 カーニュース

<札幌モーターショー>ワクワク満載 未来へ発車 初日にぎわう会場 20日(土)朝刊
 札幌市豊平区の札幌ドームで19日に開幕した「札幌モーターショー2018」(北海道新聞社などでつくる実行委主催)では、国内外27社38ブランドの189台が並び、来場者が最新技術や華やかなデザインに見…
<札幌モーターショー>開幕 未来を身近に 19日(金)夕刊
 最新技術を搭載した自動車などを展示する「札幌モーターショー2018」が19日、札幌市豊平区の札幌ドームで開幕した。国内外の27社38ブランドの自動車や二輪車など計189台が集まり、目当てのクルマを…
VW2年連続首位 有力 昨年の世界販売1074万台 18日(木)朝刊
 ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は17日、2017年通年のグループの世界販売台数が前年比4・3%増の1074万1500台だったと発表した。VWとして過去最高となり、2年連続の世界販売首位…
道内新車販売 15万台 12年ぶり 景気回復、新モデル好調 昨年  18日(木)朝刊
 道内の2017年の新車販売台数(軽自動車を除く)は前年比6・9%増の15万2455台で、2005年以来12年ぶりに15万台を上回った。日産自動車やSUBARU(スバル)の無資格検査問題の影響で10…

最近チェックしたクルマ

最近検索した条件