車にもロボにもAI 米で家電見本市開幕

2018年 1月10日(水)夕刊

 世界最大の家電見本市「CES」が9日(日本時間10日)、米ラスベガスで開幕した。過去最大規模の約3900社が出展。人工知能(AI)の進化で新たな家電やロボット、人と対話する車などが次々と生まれ、電機メーカーや自動車大手、IT企業が国境や業界の垣根を越えた提携や競争を加速させる中、各社が最先端の技術を披露する。
 日本からはソニーやトヨタ自動車などが出展。日産自動車はカルロス・ゴーン会長が記者会見し、提携先の三菱自動車、フランス自動車大手ルノーと共同で新興企業を支援するファンドを設け、今後5年間で最大10億ドル(約1130億円)を投資すると発表した。先進的な技術を取り込み、電気自動車(EV)や自動運転車の競争力を高める。
 パナソニックは自動運転の安全性を高める技術や、電池を供給している米テスラのEVを出展。津賀一宏社長は海外企業との協業を進め、収益の柱と見込む車載関連事業を強化する考えを示した。ホンダはAI搭載のロボットを中心に展示し、人の感情を認識して表情や音、動きでコミュニケーションを取ることのできるロボットの試作機などを公開した。
 12日まで。世界から17万人以上の来場者を見込む。

最近の北海道新聞 カーニュース

EVなど新エネ車一堂に*北京モーターショー開幕 26日(木)
 世界有数規模の北京国際モーターショーが25日、北京市の国際展覧センターで開幕した。中国政府は大気汚染対策などのため2019年以降、自動車メーカーに一定数以上の新エネルギー車(NEV)の生産・販売を…
日高道 門別―厚賀開通 22日(日)朝刊
いずれも日高管内日高町内にある、日高自動車道日高門別インターチェンジ(IC)―日高厚賀IC間(14・2キロ)が21日、開通した。苫小牧市と同管内新ひだか町間の所要時間は夏季で8分ほど短い約1時間25分…
日産、EV3車種発売へ 軽やSUV 22年度までに 21日(土)朝刊
 日産自動車は20日、2022年度までに、日本で電気自動車(EV)3車種を新たに発売すると発表した。ハイブリッド車(HV)も5車種を追加する。電動車両の販売を増やし、次世代技術を巡る競争で優位に立ち…
EV普及へ官民協議 経産省会議 次世代電池開発に力 19日(木)朝刊
 経済産業省は18日、電気自動車(EV)の普及に向けた課題を官民で協議する「自動車新時代戦略会議」の初会合を開いた。EVの性能向上の鍵となる次世代電池の開発に一丸となって取り組むのが柱だ。環境規制の…

最近チェックしたクルマ

最近検索した条件