日産 中国で1兆円投資 22年まで 電動化車両 20種超投入

2018年 2月 6日(火)朝刊

 日産自動車は5日、中国での2022年までの中期計画を発表した。600億人民元(約1兆円)を投資し、電気自動車(EV)などの電動化車両を増やし、年間販売台数を17年実績の1・7倍の260万台に引き上げる。22年の売上高は3千億元(約5兆円)に達する見通し。
 日産現地法人トップの関潤氏は「中国は世界で最もダイナミックで急成長している市場だ。ここでしっかり成果を出したい」との意気込みを語った。
 新エネルギー車の普及促進を目指す中国政府の方針に対応、EVなどの電動化車両を22年までに20車種以上を投入する。同年の販売台数全体の30%以上を電動化車両が占める計画。高級車ブランド「インフィニティ」については、25年までに全車種を電動化する計画だという。
 今年は、EV「リーフ」を含む電動化車両3車種を中国市場に投入する。19年にも3車種を追加、幅広いラインアップを取りそろえて、新規制に対応。EVの基幹部品の現地生産化も進め、外資系合弁ブランドとして、業界シェアでトップ3に入ることを狙う。
 中国市場の17年の販売台数で、日産は前年比約12%増の約151万9千台と過去最高だった。日系メーカーの中で販売台数が最も多かった。日産は中国の自動車メーカー、東風汽車との合弁会社を通じて中国事業を展開している。

最近の北海道新聞 カーニュース

自動車税*期限守って「お得」 月内納税で割引特典  15日(火)朝刊
 道は、自動車税を納期内に納めてもらおうと、民間事業者と連携した「自動車税スマイル納税キャンペーン」を始めた。道内の納期内納税率が毎年全国平均を大きく下回るためで、31日までの期限内に納税した人は、…
次世代車 共同研究に意欲 李首相 トヨタ北海道視察 12日(土)朝刊
 公式訪日で来道している中国の李克強首相は11日、トヨタ自動車北海道(苫小牧)などを安倍晋三首相と共に視察し、同日午後、帰国した。トヨタではトヨタ自動車の豊田章男社長が自動運転技術を使った次世代の電…
マツダ社長 丸本氏昇格 12日(土)朝刊
 マツダは11日、丸本明副社長執行役員(60)が社長に昇格するトップ人事を発表した。社長交代は5年ぶり。電動化やカーシェアリングの普及など経営環境は激変しており、新たな体制で成長を目指す。丸本氏は同…
トヨタ純利益2兆4939億円 3月期連結 日本企業で過去最大  10日(木)朝刊
 トヨタ自動車が9日発表した2018年3月期連結決算は、純利益が前期比36・2%増の2兆4939億円と2年ぶりに最高益を更新し、日本企業としても過去最大を記録した。2月に公表した業績予想を1千億円近…

最近チェックしたクルマ

最近検索した条件