日産 中国で1兆円投資 22年まで 電動化車両 20種超投入

2018年 2月 6日(火)朝刊

 日産自動車は5日、中国での2022年までの中期計画を発表した。600億人民元(約1兆円)を投資し、電気自動車(EV)などの電動化車両を増やし、年間販売台数を17年実績の1・7倍の260万台に引き上げる。22年の売上高は3千億元(約5兆円)に達する見通し。
 日産現地法人トップの関潤氏は「中国は世界で最もダイナミックで急成長している市場だ。ここでしっかり成果を出したい」との意気込みを語った。
 新エネルギー車の普及促進を目指す中国政府の方針に対応、EVなどの電動化車両を22年までに20車種以上を投入する。同年の販売台数全体の30%以上を電動化車両が占める計画。高級車ブランド「インフィニティ」については、25年までに全車種を電動化する計画だという。
 今年は、EV「リーフ」を含む電動化車両3車種を中国市場に投入する。19年にも3車種を追加、幅広いラインアップを取りそろえて、新規制に対応。EVの基幹部品の現地生産化も進め、外資系合弁ブランドとして、業界シェアでトップ3に入ることを狙う。
 中国市場の17年の販売台数で、日産は前年比約12%増の約151万9千台と過去最高だった。日系メーカーの中で販売台数が最も多かった。日産は中国の自動車メーカー、東風汽車との合弁会社を通じて中国事業を展開している。

最近の北海道新聞 カーニュース

仏政府、ゴーン氏のルノーCEO再任支持 13日(火)夕刊
 フランス経済・財務省報道官は12日、同国自動車大手ルノーのカルロス・ゴーン最高経営責任者(CEO)の再任を「政府として支持する」と表明した。フランスのメディアが報じた。  フランス政府はルノーの筆…
自動車7社が増収 4〜12月期 円安追い風 9日(金)朝刊
 自動車大手7社の2017年4〜12月期連結決算が8日、出そろった。世界的な景気回復を背景に、全社の売上高が前年同期に比べて増えた。純損益は6社で改善し、このうちトヨタ自動車、ホンダ、日産自動車、ス…
トヨタ純利益2.4兆円 18年3月期予想 米減税で過去最高 7日(水)朝刊
 トヨタ自動車は6日、2018年3月期連結業績予想を上方修正し、純利益が前期比31・1%増の2兆4千億円と2年ぶりに過去最高を更新すると発表した。昨年11月の見通しから4500億円上積みした。トラン…
世界販売首位争奪 トヨタに「重し」 中国で不振、株安リスク 7日(水)朝刊
 トヨタ自動車の2018年3月期連結純利益は、米法人税減税を追い風に過去最高となる見通しだ。ただ17年のグループ販売台数は世界3位に後退し首位はかすむ。最大市場の中国でライバルと明暗が分かれ、世界株…

最近チェックしたクルマ

最近検索した条件