自動車7社が増収 4〜12月期 円安追い風

2018年 2月 9日(金)朝刊

 自動車大手7社の2017年4〜12月期連結決算が8日、出そろった。世界的な景気回復を背景に、全社の売上高が前年同期に比べて増えた。純損益は6社で改善し、このうちトヨタ自動車、ホンダ、日産自動車、スズキは過去最高益だった。ただ、好調な業績は円安と米国の法人税減税が追い風になった面も大きく、今後も維持できるかは不透明だ。
 日産が8日発表した17年4〜12月期の純利益は前年同期比39・6%増の5781億円だった。新車の国内販売は、無資格検査の発覚後に影響を受けて減ったが、中国市場での販売好調や米国の法人税減税が利益を押し上げた。
 同様に無資格検査が発覚したSUBARU(スバル)は、経営破綻したタカタの欠陥エアバッグに対応するリコール(無料の回収・修理)費用が負担になり、純利益は26・3%減と7社の中で唯一減益となった。
 トヨタは40・5%増の2兆131億円だった。主力の米国は競争激化で苦戦したが、米国の法人税減税で利益が大幅にかさ上げされた。ホンダも減税が寄与し、82・8%増の9515億円となった。
 スズキは世界販売の半分を占めるインドで新型車などが売れた。日本から海外への輸出が多いマツダは円安の恩恵が大きく、純利益が6・2%増えた。三菱自動車は純損益が700億円の黒字となり、燃費不正の影響で2133億円の赤字だった前年同期から改善した。

最近の北海道新聞 カーニュース

仏政府、ゴーン氏のルノーCEO再任支持 13日(火)夕刊
 フランス経済・財務省報道官は12日、同国自動車大手ルノーのカルロス・ゴーン最高経営責任者(CEO)の再任を「政府として支持する」と表明した。フランスのメディアが報じた。  フランス政府はルノーの筆…
トヨタ純利益2.4兆円 18年3月期予想 米減税で過去最高 7日(水)朝刊
 トヨタ自動車は6日、2018年3月期連結業績予想を上方修正し、純利益が前期比31・1%増の2兆4千億円と2年ぶりに過去最高を更新すると発表した。昨年11月の見通しから4500億円上積みした。トラン…
世界販売首位争奪 トヨタに「重し」 中国で不振、株安リスク 7日(水)朝刊
 トヨタ自動車の2018年3月期連結純利益は、米法人税減税を追い風に過去最高となる見通しだ。ただ17年のグループ販売台数は世界3位に後退し首位はかすむ。最大市場の中国でライバルと明暗が分かれ、世界株…
日産 中国で1兆円投資 22年まで 電動化車両 20種超投入 6日(火)朝刊
 日産自動車は5日、中国での2022年までの中期計画を発表した。600億人民元(約1兆円)を投資し、電気自動車(EV)などの電動化車両を増やし、年間販売台数を17年実績の1・7倍の260万台に引き上…

最近チェックしたクルマ

最近検索した条件