ホンダとGM EV電池開発*北米向け

2018年 6月 8日(金)夕刊

 ホンダは7日、電気自動車(EV)に使う次世代の電池や関連部品を米ゼネラル・モーターズ(GM)と共同開発することで合意したと発表した。両社の北米市場向けの車両に搭載する。
 協業により生産効率を高め、EVの市場投入を加速させる。GMが研究しているリチウムイオン電池のシステムをベースに開発する。従来の電池と比べ、小型で充電時間も短縮できるという。
 ホンダとGMは2013年から燃料電池システムの共同開発を進め、20年の生産開始を目指している。今回の合意によって、電動車分野での両社の関係がさらに深まる。
 ホンダの関口孝常務執行役員は「協業を通じて、環境負荷ゼロ社会の実現に向けた新たな一歩を踏み出していく」とのコメントを出した。
 GMのマーク・ロイス上級副社長は「よりよい商品、サービスの提供やゼロエミッション社会の構築を目指す」としている。
 自動車メーカー各社は世界各国で進む環境規制を受け、EV開発を加速。ホンダは日立製作所グループと車載用モーター事業を行う共同出資会社を設立し、トヨタ自動車もデンソーやマツダとともにEVの新会社を設立している。

最近の北海道新聞 カーニュース

モータースポーツ 独走トヨタ 悲願の頂点 ルマン24時間  18日(月)朝刊
 17日に終了した伝統の自動車耐久レース、第86回ルマン24時間で中嶋一貴らの8号車がトヨタに悲願の初優勝をもたらした。トヨタは2002年から09年まで参戦したF1で未勝利に終わり、トヨタ製エンジン…
モータースポーツ 挑戦20回 トヨタ栄冠 ルマン初制覇 18日(月)夕刊
 17日に行われたフランス伝統の自動車耐久レース、第86回ルマン24時間で初優勝を遂げたトヨタ。日本のチーム、マシンで日本人ドライバーを含む“オール日本”態勢では初めてで、日本メーカーでは1991年の…
モータースポーツ トヨタ初制覇 ルマン24時間 18日(月)朝刊
■ルマン24時間【ルマン(フランス)共同】伝統の自動車耐久レースの決勝は17日、フランス西部のサルテ・サーキット(1周13・626キロ)で行われ、2台で臨んだトヨタはポールポジションからスタートした中…
トヨタ、新スーパーカー開発 レース車ベース 市販へ  17日(日)朝刊
 トヨタ自動車は16日、フランス伝統の自動車耐久レース、ルマン24時間などに参戦しているレース専用車をベースにしたスーパーカーを開発し、市販すると発表した。時期は未定。  レース車を生かした試作車「…

最近チェックしたクルマ

最近検索した条件