presented by10+11錦秋号New Car Impression

驚異の燃費性能と価格設定「DAIHATSU MIRA e:S」

ミライース

プロフィール

ミラとは全く別のミラ

 新型車ダイハツ・ミライースは、一見そのネーミングが示すように、従来からのミラ・シリーズの派生モデルの印象を伴う。そのミラは、06年のデビューからFF、4WDの2面構成で、後にココアをもラインアップし、ほかのエッセやムーブ、タントなどとのタッグで、軽のシェアナンバーワンの地歩のリード役を担ってきた。
 しかしミライースは、その車名に“ミラ”を冠しながらその中身は全身これ新型と言っていい。事実ダイハツ社内には「ミラとは別のネーミングに…」との声もあったという。そんな独自性のトップはやはり省燃費性と低価格。そのためにエンジンの燃焼効率向上、CVTを含めたパワートレイン系のフリクション低減、シャシーを筆頭とするボディー全体の軽量化、そしてアイドリングストップの機能充実に空力特性の見直しと、細かな努力の積み重ね項目は、とても簡単には数え挙げられない。
 例によってエクステリアから見ていくと、イースの3サイズは全長3395/全幅1475/全高1500mm。従来型ミラと比べて長さと幅は同じで、全高が30mm低い。2455mmのホイールベースも35mmの短縮。前後トレッドも若干の縮小だが、少なくとも2車を並べて眺めて、ルーフが低められた以外は、感覚的に大きな違いは見受けられない。
 ルックスは、バンパーの上半分のグリルが上下方向に拡大され、一方下部の開口部は左右のサブスクープが無くなって、フロント全体のデザインにシャープさを増した。リアも従来ミラがリアウインドウ脇にルーフまで達するコンビランプを配するのに対し、新型はガラスエリアより下の左右に小さくまとめたランプに変更し、こちらも軽快な印象を強めた。細かく見れば、リアドアの中ほどからホイールハウスにかけて刻まれたキャラクターラインが無くなるなど、小変更ポイントはいくつかあるものの、全体としてのシルエットは確かにミラの伝統を色濃く受け継ぐ。

圧倒的な居住区の広さ

 インテリアのイメージは、ミラの3眼式アナログメーターから上下に薄い横長のデジタル表示に変わり、センターパネル上部のエアルーバーが横開きから縦位置になるなどの新味はいくつもあるが、こちらもキャビン全体としての雰囲気は引き継がれている。とは言え、そこはドライバーのエコへの意識を喚起する配慮がたっぷり。メーター内のエコアシストディスプレイがエコ発電のコントロール状況を映し出し、エコ運転中は照明色がブルーからグリーンに変化する。同様にマルチインフォメーションディスプレイは、アイドリング時間の積算や平均燃費も表示する。
 ここで特筆すべきはキャビンスペースの拡大と安全装備の充実。室内長はミラより80mm短縮しながら、前後乗員間距離は50mm延長して、かのプリウスと同等を実現し、フィットハイブリッドをしのぐ驚きのレベル。安全面ではデュアルSRSエアバッグを運転、助手両席に。サイドエアバッグや横滑り防止のVSCもグレードにより標準化される。
 内外にわたって紹介すべき事項は結構多いが、イース最大の見どころである燃料消費率への貢献項目はやはり強調しなければならない。まず燃費効率を追求するため、KF型直3 12Vのミラと同じエンジンの圧縮比を10.8から11.3にまで高め、i‐EGRと呼ぶイオン電流燃焼コントロールを採用して、ポンピング時の損失を低減。タイミングチェーンやバルブスプリングの作動抵抗も改善し、さらにミッションに至る伝達系やシャフトの質量にまで手を入れた。これらの改善寄与度を一応の数字で示すと、エンジン改良で14%、アイドリングストップで10%、軽量化で5%、CVT改良で4%、エコ発電コントロールで3%、ということになる。

10・15モードなら32Km

 1つ忘れてならないのがアイドリングストップの新開発機能。“停車前アイドリングストップ機構=新エコアイドル”と呼ばれるもので、通常のそれはスピードゼロ、つまり完全停止状態でなければ作動しないが、イースは時速7 以下でブレーキを踏んでいると、エンジンが止まる設定。
 説明が前後するが、ファインチューン型エンジンの出力は52ps/6.1Kg・mで、ミラより6psと0.5Kg・mのダウン。一方で車両重量は平均50〜60Kgの軽量化に成功して、注目の燃費はJC08モード30Km/L。従来モデルとの比較が現実的な10・15モードでは32Kmとなり、ミラの同水準モデル比で実に7.5Kmもの向上となる。

最廉価車は80万円切る

 イースの車種構成は計6グレード。2WDが4タイプ、4WDが2タイプで、トランスミッションは全車CVT。これもまた説明が前後するが「軽量化と燃費性能、販売価格のバランスに深く配慮した成果が、エントリーグレードの79万円台ということです」(ダイハツ広報)との言葉どおり、約3万円の北海道仕様必要上乗せ分を含めた最低本体北海道価格が81万7500円(消費税込)というプライスタグの設定はやはり衝撃的。ちなみに「イースにミラの名が付いていますが、両車に共通するパーツは基本的に無いに等しい」(同)という従来ミラの道内での最廉価モデルは86万円である。その価格帯は2WDは81万7500〜113万5750円、4WDは109万5000〜122万円となる。

ダイハツ ミラ イース詳細写真

インプレッション

安っぽさ・違和感ゼロ

 新型ダイハツ・ミライースの最上級グレードに当たる4WDのGfに短時間試乗した。余分なものを徹底的に削ったという軽量化のデメリットはほとんど目につかず、ドアの開閉音やシート部材、内装トリムなどに薄っぺらさは全く感じられない。走り出しての感覚は、ダウンしたトルクを60Kgに及ぶ重量カットが帳消しにして、レブの上昇は滑らかだ。ノイズの抑え込みもまずまず。回転の上昇とともに当然パワーノートは高まるが、従来型ミラとほとんど変わらないKカーの標準的なレベルに終始する。エコタイヤを履いた挙動とロードノイズなどのマナーにも、違和感は無い。
 総じてエンジンと連結各部の摩擦を減らした回転フィールは自然で、ミラよりも上質な加減速や巡航感が強い。エコタイヤの乗り心地は硬めのはずだが、ここにも軽量ボディーの恩恵とフレキシブルなサスの凹凸衝撃吸収性が高く、少なくとも運転席ではミラよりも”いいモデル“に乗っている感覚を覚える。

エコ運転促すアイテム

 注目のエコ性能は、限られた試乗距離では結論を出せるに至らなかった。しかし、停車直前のスロー走行時にブレーキを踏むとスッとエンジンが止まり、停止状態からブレーキを離すとブルンと始動するマナーや、軽くアクセルに足を乗せる程度のおとなしい走りでメーター照明色がグリーンに点灯すること。さらに滑らかな運転を続けると次第に高い平均燃費数値を示すディスプレイなどが、どれもエコ運転をドライバーに働きかけ、間違いなく燃料消費を最低限に抑えている自分が見え隠れするよう。
 仮りにイースを自分の足にしたら、日々に環境問題や省資源に自然に敏感になっていく人間になりそうな気がして、ちょっとイースがいとおしくなった。

取材協力:ダイハツ北海道販売 白石店(011-864-2721)、Photo:川村 勲(川村写真事務所)、テキスト:仲世古 正之

[Carpia CELHOME]詳しくはこちらをクリック!

最近チェックしたクルマ

最近検索した条件
     

このページを印刷する

キーワード検索

検索