自動車7社が増収 4〜12月期 円安追い風

2018年 2月 9日(金)朝刊

 自動車大手7社の2017年4〜12月期連結決算が8日、出そろった。世界的な景気回復を背景に、全社の売上高が前年同期に比べて増えた。純損益は6社で改善し、このうちトヨタ自動車、ホンダ、日産自動車、スズキは過去最高益だった。ただ、好調な業績は円安と米国の法人税減税が追い風になった面も大きく、今後も維持できるかは不透明だ。
 日産が8日発表した17年4〜12月期の純利益は前年同期比39・6%増の5781億円だった。新車の国内販売は、無資格検査の発覚後に影響を受けて減ったが、中国市場での販売好調や米国の法人税減税が利益を押し上げた。
 同様に無資格検査が発覚したSUBARU(スバル)は、経営破綻したタカタの欠陥エアバッグに対応するリコール(無料の回収・修理)費用が負担になり、純利益は26・3%減と7社の中で唯一減益となった。
 トヨタは40・5%増の2兆131億円だった。主力の米国は競争激化で苦戦したが、米国の法人税減税で利益が大幅にかさ上げされた。ホンダも減税が寄与し、82・8%増の9515億円となった。
 スズキは世界販売の半分を占めるインドで新型車などが売れた。日本から海外への輸出が多いマツダは円安の恩恵が大きく、純利益が6・2%増えた。三菱自動車は純損益が700億円の黒字となり、燃費不正の影響で2133億円の赤字だった前年同期から改善した。

最近の北海道新聞 カーニュース

3社の株価下落 10日(金)朝刊
9日の東京株式市場で、スズキとヤマハ発動機、マツダの株価がそろって下落した。新車の燃費などの測定を巡って不適切検査が発覚し、業績悪化への警戒感が広がった。3社の安値は日経平均株価(225種)の下落に…
スズキ 検査の5割不適切*マツダ、ヤマハ発でも判明 9日(木)夕刊
国土交通省は9日、新車の燃費などの測定に関し、国交省の指示を受けて各自動車メーカーが調査した結果、スズキ、マツダ、ヤマハ発動機の3社で不適切な検査が見つかったと発表した。スズキでは対象の約5割が不適…
スズキも不適切検査  9日(木)朝刊
SUBARU(スバル)と日産自動車で判明した燃費などの検査不正に関し、スズキでも不適切な検査が見つかったことが8日、分かった。国土交通省には既に報告しているとみられる。 近く公表し、説明する。 関係…
日産、スバル 減益*4〜6月期*燃費不正など響く 7日(火)朝刊
自動車大手7社の2018年4〜6月期連結決算が6日、出そろった。海外販売が好調な4社が前年同期比で増益となり、うちトヨタ自動車とスズキは4〜6月期の純利益が過去最高となった。燃費測定試験の不正などが…

最近チェックしたクルマ

最近検索した条件