トヨタ、電子部品集約*事業再 *グループのデンソーに

2018年 6月 2日(土)朝刊

 トヨタ自動車は1日、主要な電子部品事業をグループのデンソーに集約すると発表した。アフリカ市場の営業業務は豊田通商に全面的に移管する。電動車や自動運転技術の開発で巨額の投資を迫られており、グループ内で事業を再編、重複業務を解消し競争力を高める。
 電子部品事業のうち、量産向けの技術研究や生産部門をデンソーに集める。2019年末をめどにトヨタの広瀬工場(愛知県豊田市)の生産設備を移管する。広瀬工場で電子部品の生産に関わる約900人のうち大半はデンソーに出向する。
 新製品の企画や開発を担う機能はトヨタ本体に残す。デンソーは電子部品を製造する安城製作所(愛知県安城市)と一体的に運営し、事業を効率化する。
 豊田通商はアフリカ全域で事業を展開し、幅広い拠点網を持っている。19年1月をめどに現地で受け入れられる車種の調査や、販売店との関係構築などを豊田通商に任せ、成長余地が大きい新興国での販売拡大を狙う。
 トヨタの豊田章男社長は「環境はこれまでにないスピードと大きさで変化しており、一刻の猶予も許されない。グループの成長と個人の成長の両方を実感できる会社にしていく」とのコメントを発表した。
 トヨタは競争力強化のためグループ企業や同業他社との連携を加速している。昨年9月にマツダやデンソーと電気自動車(EV)の基盤技術を開発する新会社を設立し、今年3月にはデンソーやアイシン精機と自動運転技術の開発会社を立ち上げた。

最近の北海道新聞 カーニュース

EVの走行距離改善*全固体電池2.7兆円市場*35年予測、17年の1000倍超 16日(日)朝刊
電気自動車(EV)の充電時間を短縮でき、走行距離も伸ばせるとして注目される次世代電池「全固体電池」の世界市場が、17年後の2035年に2兆7877億円に拡大するとの予測を、調査会社の富士経済(東京)…
トヨタ 一転増産*18年計画*中国販売が好調 14日(金)朝刊
トヨタ自動車がグループのダイハツ工業と日野自動車を含む2018年の世界生産計画を前年比1・2%増の1059万4千台に引き上げたことが13日、分かった。中国の販売が好調で、前年比0・7%減の1039万…
レガシィ12万台リコール  14日(金)朝刊
SUBARU(スバル)は13日、駐車する際に使う電動パーキングブレーキに不具合があるとして、乗用車「レガシィ」12万6230台(2009年4月〜14年9月生産)をリコールすると国土交通省に届け出た。…
三菱自、自動ブレーキ不具合 14日(金)朝刊
三菱自動車は13日、衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)に不具合があるとして、スポーツタイプ多目的車(SUV)「エクリプスクロス」など4車種計2万1146台(2017年2月〜18年6月生産)を無償で…

最近チェックしたクルマ

最近検索した条件