「怖くて乗れぬ」7割超 完全自動運転 米で不信感

2018年 5月31日(木)朝刊

 自動車メーカーやIT企業が開発中の「完全自動運転車」について、米国のドライバーの73%が「怖くて乗れない」と考えていることが、米国自動車協会(AAA)が4月に実施した調査で分かった。2017年末時点の調査では63%で、完全自動運転車に対する不信感が急激に高まった。
 今年3月、公道試験中の米配車大手ウーバー・テクノロジーズの自動運転車と歩行者の女性が衝突し、女性が死亡するなど米国では自動運転に関係した事故が相次いだ。
 AAAは「自動運転が注目を集める中で多数のメディアが事故を報道し、安全性への懸念が強まった」と分析している。
 「怖くて乗れない」との回答を性別でみると、女性が83%、男性が63%だった。世代別では、1980年代以降に生まれた「ミレニアル世代」の不安が高まっており、17年末の49%から64%に急上昇した。

最近の北海道新聞 カーニュース

EVの走行距離改善*全固体電池2.7兆円市場*35年予測、17年の1000倍超 16日(日)朝刊
電気自動車(EV)の充電時間を短縮でき、走行距離も伸ばせるとして注目される次世代電池「全固体電池」の世界市場が、17年後の2035年に2兆7877億円に拡大するとの予測を、調査会社の富士経済(東京)…
トヨタ 一転増産*18年計画*中国販売が好調 14日(金)朝刊
トヨタ自動車がグループのダイハツ工業と日野自動車を含む2018年の世界生産計画を前年比1・2%増の1059万4千台に引き上げたことが13日、分かった。中国の販売が好調で、前年比0・7%減の1039万…
レガシィ12万台リコール  14日(金)朝刊
SUBARU(スバル)は13日、駐車する際に使う電動パーキングブレーキに不具合があるとして、乗用車「レガシィ」12万6230台(2009年4月〜14年9月生産)をリコールすると国土交通省に届け出た。…
三菱自、自動ブレーキ不具合 14日(金)朝刊
三菱自動車は13日、衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)に不具合があるとして、スポーツタイプ多目的車(SUV)「エクリプスクロス」など4車種計2万1146台(2017年2月〜18年6月生産)を無償で…

最近チェックしたクルマ

最近検索した条件