HV特許 無償開放*トヨタ、市場拡大狙う

2019年 4月 3日(水)夕刊

トヨタ自動車が、ハイブリッド車(HV)など電動車の関連技術の特許を無償で開放する方針を固めたことが3日、分かった。モーターや電池などの中核部品が対象となる。世界的に環境規制が厳格化される中、自社で技術を囲い込む戦略を転換。他社の導入を後押しして市場拡大を狙う。主要部品を共用する電気自動車(EV)などのコストダウンも図る。
 寺師茂樹副社長が同日午後、名古屋市内で記者会見して発表する。
 トヨタはHVの開発や販売で先行する。HVは燃費性能が高い半面、車両のきめ細かい制御が求められ、開発には高い技術力が必要になる。
 中国メーカーなどはHVに関心を持っているとされ、他社に広げて存在感を高める。
 トヨタ幹部は「環境技術は普及させてこそ意味がある」と話す。電動化の技術は急速に進歩しており、特許を無償開放しても独自技術を磨き続けることで競争力を維持できると判断した。
 モーターや電池などの部品は、HVだけでなく、EVや燃料電池車(FCV)と共通する部分も多い。部品の生産量が増えればEVなどのコスト競争力の向上も期待できる。

最近の北海道新聞 カーニュース

日本企業 英離れ加速も*メイ首相辞任へ*合意なき離脱警戒 25日(土)朝刊
英国のメイ首相が辞任を表明し、欧州連合(EU)離脱を巡る情勢が一段と不透明になったことで、日本企業の英国離れが加速する可能性がある。現地に生産拠点を持つメーカーは、EUとの合意がないまま離脱する最悪…
きょう日米閣僚級協議*貿易交渉*農産品・車関税なお溝 25日(土)朝刊
茂木敏充経済再生担当相は24日の会見で、日米貿易協定交渉の閣僚級協議を25日夜に東京都内で行うと発表した。茂木氏と米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表が会談する。27日に開かれる日米首脳会談…
日本、TPP水準に条件*日米貿易事務協議*農産品と車 関税で溝 23日(木)朝刊
【ワシントン平畑功一】日米両政府は21日、新たな貿易協定交渉の事務レベル協議をワシントンで行った。米側は日本の農産物市場の早期開放を改めて求めたが、日本側は農産品の関税を環太平洋連携協定(TPP)で…
ボルボ2万台リコール 23日(木)朝刊
ボルボの日本法人は22日、「V40」や「S60」など計8車種、2万510台(2015年6月〜19年2月輸入)をリコールすると国土交通省に届け出た。エンジンの制御プログラムに不備があり、排気管にある排…

最近チェックしたクルマ

最近検索した条件