トヨタ HV特許無償開放*市場拡大へ戦略転換

2019年 4月 4日(木)朝刊

トヨタ自動車は3日、ハイブリッド車(HV)など電動車の関連技術の特許約2万3740件を無償で開放したと発表した。需要があればモーターや制御機器をセットにしたシステム自体も他社に供給する。寺師茂樹副社長は名古屋市で記者会見し「電動化技術のサプライヤー(供給者)になる」と述べた。
 世界的に環境規制が厳格化される中、自社で技術を囲い込む戦略を転換。他社の導入を後押しして市場拡大を狙う。主要部品を共用する電気自動車(EV)などのコストダウンも図る。
 開放した約2万3740件はHVに関係するほぼ全ての特許が含まれ、内訳はモーター関連の約2590件、システム制御に関する約7550件など。期限は2030年末まで。15年1月から無償提供している燃料電池の特許も含む。パナソニックと協業するEV向け電池の関連技術などは除いた。
 寺師氏は開放しても「われわれの技術に進歩がある限り、競争力はなくならない」と説明した。トラックやバスなど商用車を含む幅広い車種に採用を期待している。
 EVの本格普及は電池性能や生産コストといった課題も残り、実用性や環境規制クリアにはHVが当面の「現実解」になるとみられている。トヨタはHVの開発や販売で先行する。中国メーカーなどがHVに関心を持っているとされ、他社から引き合いが増えていたという。トヨタ幹部は「環境技術は普及させてこそ意味がある」と話す。
 ただ利用がどこまで広がるかは見通せない。燃料電池の特許は関連業界の企業に無償提供しているが、契約に至ったのは十数件にとどまる。

最近の北海道新聞 カーニュース

北見三菱自販をテーオーが買収 18日(土)朝刊
【函館】流通、木材、不動産業などのテーオーホールディングス(HD、函館)は17日、北見三菱自動車販売(北見)を子会社化すると発表した。36・7%の株式を持つ南北海道三菱自動車販売(苫小牧)などから6…
自動車税 期限内納付で特典*道、本年度もキャンペーン*車用品店など213店舗で 17日(金)朝刊
道は、自動車税を31日までの納期内に納めると、車用品店や道の駅などで割引などの特典が受けられる「自動車税スマイル納税キャンペーン」を実施している。昨年度に続き2回目で、連携する事業者を増やした。全国…
トヨタ自動運転技術 世界へ*シンガポール・インドに供給検討  17日(金)朝刊
トヨタ自動車が、シンガポールのグラブやインドのオラといった世界の配車大手に自動運転技術を供給する方向で検討していることが16日、分かった。米配車大手ウーバー・テクノロジーズなどと共同で開発するシステ…
「最古のポルシェ」競売へ 15日(水)夕刊
競売大手サザビーズは、ドイツの高級スポーツカーメーカー、ポルシェの名前が車体に記された最も古いモデルを競売に掛けると発表した。1939〜40年に3台だけ製造された「タイプ64」。現存するのは1台だけ…

最近チェックしたクルマ

最近検索した条件