ダイハツ191万台リコール*ムーヴなど22車種*日産はノート74万台

2019年 4月12日(金)朝刊

ダイハツ工業は11日、軽自動車「ムーヴ」「タント」など22車種計191万6973台(2010年12月〜18年9月生産)をリコールすると国土交通省に届け出た。ダイハツが製造しSUBARU(スバル)が販売する「ステラ」やトヨタ自動車が販売する「ピクシスメガ」なども含まれる。
 国交省によると、ブレーキ関連で二つの問題が見つかった。計416件の不具合が報告されているが、事故は確認されていない。
 車の前部にあるパネルの防水加工が原因となった問題では、エンジンルームに雨水が漏れてブレーキ部品に穴が開き、制動距離が長くなる恐れがある。もう一つは、ブレーキ部品への潤滑剤の塗り忘れが原因。さびができて部品が動かなくなる恐れがある。
 防水加工の問題では6車種計157万5379台、潤滑油の塗り忘れでは22車種計37万7654台が対象。1台で両方の問題がある車もある。
 一方、日産自動車は乗用車「ノート」74万5372台(12年7月〜19年2月生産)のリコールを国交省に届け出た。衝撃や振動を吸収するため車体前部にあるサスペンションのばねが折れる恐れがある。
 SUBARU(スバル)も、電気回路の不具合で火災の恐れがあるとして、乗用車「レガシィ」3万3181台(1998年11月〜2001年4月生産)のリコールを届け出。07年8月〜18年9月、千葉や静岡、高知、沖縄など12県で計17件の火災や発煙を確認した。けが人はいない。

最近の北海道新聞 カーニュース

日本企業 英離れ加速も*メイ首相辞任へ*合意なき離脱警戒 25日(土)朝刊
英国のメイ首相が辞任を表明し、欧州連合(EU)離脱を巡る情勢が一段と不透明になったことで、日本企業の英国離れが加速する可能性がある。現地に生産拠点を持つメーカーは、EUとの合意がないまま離脱する最悪…
きょう日米閣僚級協議*貿易交渉*農産品・車関税なお溝 25日(土)朝刊
茂木敏充経済再生担当相は24日の会見で、日米貿易協定交渉の閣僚級協議を25日夜に東京都内で行うと発表した。茂木氏と米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表が会談する。27日に開かれる日米首脳会談…
日本、TPP水準に条件*日米貿易事務協議*農産品と車 関税で溝 23日(木)朝刊
【ワシントン平畑功一】日米両政府は21日、新たな貿易協定交渉の事務レベル協議をワシントンで行った。米側は日本の農産物市場の早期開放を改めて求めたが、日本側は農産品の関税を環太平洋連携協定(TPP)で…
ボルボ2万台リコール 23日(木)朝刊
ボルボの日本法人は22日、「V40」や「S60」など計8車種、2万510台(2015年6月〜19年2月輸入)をリコールすると国土交通省に届け出た。エンジンの制御プログラムに不備があり、排気管にある排…

最近チェックしたクルマ

最近検索した条件