スズキ200万台リコール*検査不正1万台超 ブレーキでも

2019年 4月13日(土)朝刊

スズキは12日、車の検査で制動力が不十分なブレーキでも合格とするなどの不正があったとして、約200万台のリコール(無料の回収・修理)を実施すると発表した。費用800億円を2019年3月期連結決算で特別損失として計上する。不正は1981年6月ごろから昨年8月の発覚をはさみ今年1月ごろまで続いたとみられる。
 燃費や排ガス測定の抜き取り検査では08年4月から18年9月にかけ、対象の約半数に当たる計1万1070台でデータ改ざんなどが見つかった。16年にも燃費データの測定不正が発覚しており、不正を繰り返す企業風土の深刻さが浮き彫りになった。日産自動車やSUBARU(スバル)に続く検査不正で自動車業界の信頼が揺らいでいる。
 スズキの鈴木俊宏社長は12日、国土交通省に不正の調査結果をまとめた報告書を提出し、謝罪した。その後、東京都内で記者会見し不正について「危機感を持って厳粛に受け止める」と述べた。ただ「状況の立て直しが私の役割だ」とも話し、辞任を否定した。鈴木修会長は「会社が急成長し、人材育成が追い付かなかったと反省している」とのコメントを出した。
 リコール対象は軽自動車「スペーシア」や、相手先ブランドによる生産(OEM)も含め計40車種。1週間後をめどに届け出る予定だ。

最近の北海道新聞 カーニュース

日本企業 英離れ加速も*メイ首相辞任へ*合意なき離脱警戒 25日(土)朝刊
英国のメイ首相が辞任を表明し、欧州連合(EU)離脱を巡る情勢が一段と不透明になったことで、日本企業の英国離れが加速する可能性がある。現地に生産拠点を持つメーカーは、EUとの合意がないまま離脱する最悪…
きょう日米閣僚級協議*貿易交渉*農産品・車関税なお溝 25日(土)朝刊
茂木敏充経済再生担当相は24日の会見で、日米貿易協定交渉の閣僚級協議を25日夜に東京都内で行うと発表した。茂木氏と米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表が会談する。27日に開かれる日米首脳会談…
日本、TPP水準に条件*日米貿易事務協議*農産品と車 関税で溝 23日(木)朝刊
【ワシントン平畑功一】日米両政府は21日、新たな貿易協定交渉の事務レベル協議をワシントンで行った。米側は日本の農産物市場の早期開放を改めて求めたが、日本側は農産品の関税を環太平洋連携協定(TPP)で…
ボルボ2万台リコール 23日(木)朝刊
ボルボの日本法人は22日、「V40」や「S60」など計8車種、2万510台(2015年6月〜19年2月輸入)をリコールすると国土交通省に届け出た。エンジンの制御プログラムに不備があり、排気管にある排…

最近チェックしたクルマ

最近検索した条件