スバル1.8万台改善対策

2021年 4月 3日(土)朝刊

 SUBARU(スバル)は1日、「レヴォーグ」1万8507台(2020年11月〜21年3月生産)を無償で回収、修理する改善対策を国土交通省に届け出た。衝突被害軽減ブレーキの制御プログラムが不適切で、意図しないところで警報音が鳴り、ブレーキが作動する恐れがある。
 国交省によると、カーブにあるポールや対向車の進行方向などを正しく認識できず、システムが衝突対象として反応することがある。後続車に追突される物損事故が1件あった。これを含む不具合が34件報告されている。

最近の北海道新聞 カーニュース

ホンダ、印の四輪工場も停止 8日(土)朝刊
ホンダは7日、インドでの新型コロナウイルスの感染拡大が深刻なため、西部ラジャスタン州の四輪車製造工場を同日停止したことを明らかにした。18日まで。5月中旬に予定していたメンテナンスを前倒しした形。 …
藤丸に来月、日産ショールーム*電気自動車1台展示 7日(金)朝刊
【帯広】百貨店藤丸(帯広)は6日、店舗内に帯広日産自動車(同)のショールームを6月に開設すると発表した。1階正面玄関付近に電気自動車1台を展示する。北海道百貨店協会によると、道内の百貨店で車の常設展…
自動車世界生産12%減*8社20年度*コロナで前半低迷 29日(木)朝刊
自動車の国内大手8社が28日発表した2020年度の世界生産台数は、前年度比12・1%減の2335万1897台だった。新型コロナウイルス感染拡大の影響による年度前半の工場停止や販売低迷が響き、8社全て…
トヨタ世界販売最多98万台 28日(水)夕刊
トヨタ自動車が28日発表した3月の世界販売は、前年同月比44.2%増の98万2912台で、1カ月の販売台数としては過去最多となった。中国や米国での販売が好調で、新型コロナウイルスによる落ち込みからの…

最近チェックしたクルマ

最近検索した条件