スズキ41万台改善対策

2021年10月 8日(金)朝刊

スズキは7日、エンジンに関する制御プログラムに問題があったとして「ソリオ」「スイフト」「イグニス」「クロスビー」と、三菱自動車ブランドの「デリカD:2」の5車種計41万3891台(2015年7月〜21年8月生産)を無償で回収、修理する改善対策を国土交通省に届け出た。
 国交省によると、アイドリングストップ後にエンジンをモーター機能付き発電機によって再始動できなかった場合、別のモーターに切り替えて動かす機能が働かず、エンジンを自動で再始動できない恐れがある。不具合の報告が315件あった。事故の報告はない。

最近の北海道新聞 カーニュース

スズキ18万8000台リコール 26日(金)朝刊
スズキは25日、エンジンの不具合で停車直前にエンストする恐れがあるとして「ハスラー」「スペーシア」と、マツダブランドで販売する「フレア クロスオーバー」「フレア ワゴン」の4車種計18万8378台(…
ホンダ国内工場 来月通常稼働に*部品不足改善 19日(金)朝刊
ホンダは18日、国内工場の生産が12月上旬に通常稼働へ戻ると発表した。半導体などの部品不足で今年1月以降、減産が続いてきたが、供給元の東南アジアで新型コロナウイルス感染拡大が和らいだことを背景に調達…
スバル1万8000台リコール 19日(金)朝刊
SUBARU(スバル)は18日、駐車ブレーキの制御プログラムに不具合があるとして「レヴォーグ」1万8517台(2020年11月〜21年3月生産)をリコールすると国土交通省に届け出た。  国交省による…
ホンダ 供給網もCO2ゼロ*50年目標 取引先に要請 17日(水)朝刊
ホンダが取引先の主要部品メーカーに対し、二酸化炭素(CO2)排出量を2050年に実質ゼロにするよう要請したことが16日、分かった。ホンダは既に自社の生産や販売などの企業活動を通じた排出量を50年に実…

最近チェックしたクルマ

最近検索した条件