北海道新聞 カーニュース

2019年02月

三菱自は1万1000台 18日(月)朝刊
三菱自動車は、エンジン内部の部品の不具合のため、エンジンがかからなくなったり、走行不能になったりする恐れがあるとして、乗用車「アウトランダーPHEV」1万1413台(2013年1月〜14年2月生産)…
日産、8万台リコール  16日(土)朝刊
日産自動車は14日、ワゴン車「エルグランド」とマイクロバス「シビリアン」の2車種計8万141台(2004年7月〜07年10月生産)をリコールすると国土交通省に届け出た。  国交省によると、燃料計内部…
ボルボも1万1000台 16日(土)朝刊
ボルボの日本法人は15日、ホースの亀裂で燃料漏れが起きる恐れがあるとして「ボルボV40」など6車種計8252台(2015年6月〜16年7月輸入)を、部品が破損する恐れがあるとして「ボルボXC60」3…
春闘*自動車労組が要求書 13日(水)夕刊
自動車大手の労働組合は13日、経営側に春闘の要求書を提出し、2019年の労使交渉がスタートした。米中貿易摩擦などの影響で世界経済に不透明感が広がっており、賃金面では労組に逆風となる厳しい交渉が予想さ…
自動車税納税率 道また全国下位*18年度 ワースト4位  11日(月)朝刊
道税収入の基幹財源である自動車税について、2018年度の納期内納税率が全国でワースト4位だった。道は、納期の5月末までに納めた人が協力事業者から商品割引などの特典を受けられるキャンペーンを始めたが、…
車の検査不正 罰則強化*国交省*企業隠蔽に罰金引き上げ 10日(日)朝刊
自動車メーカーによる新車出荷時の完成検査で不正が相次いだことを受け、国土交通省は7日、罰則を強化する方針を固めた。不正発覚後、是正命令に応じない場合に新たに罰金を導入するほか、国の監査で隠蔽(いんぺ…
東京五輪期間中 首都高値上げ案*都、組織委 渋滞対策 7日(木)夕刊
2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会と東京都は6日、国や専門家らを交えた「交通輸送技術検討会」を都庁で開き、大会期間中の渋滞対策として、首都高速道路の通常料金に上乗せして課金する「ロードプラ…
トヨタ 純利益25%減*19年3月期予想*保有株下落響く 7日(木)朝刊
トヨタ自動車は6日、2019年3月期連結業績の純利益予想を2兆3千億円から1兆8700億円に下方修正すると発表した。前期比では25・0%減となる。販売は好調だが、株式市場の悪化に伴いマツダやSUBA…

最近チェックしたクルマ

最近検索した条件